筑波大学附属中学校の2016年の算数の過去問

筑波大学附属中学校の算数の過去問の傾向
筑波大学附属中学校の算数の出題傾向としては幅広い分野から出題され、特定の分野に重点を置くことは危険ですが、比較的、数の規則性や数の性質、場合の数、平面図形などから出題されることが多いです。

2016年の筑波大学附属中学校の算数の過去問の概要
2016年の筑波大学附属中学校の算数の過去問を参照すると、大問1が「数の性質・規則性」で、大問2が「規則性」、大問3が「図形上の点の移動」、大問4が平面図形に関する問題でした。

2016年の算数の過去問の大問1
4桁の数字のそれぞれの位について規則性を持って数字が変化するという問題でした。実際に数字の変化を記載していけば回答できる問題でしたが、n進数について学んで置くとスピーディーに答えられる問題です。

2016年の算数の過去問の大問2
多角形の図形の中に直線を引いて三角形に分割する規則性の問題でした。多角形の中に点を追加した時に三角形がいくつ増えるかの規則性がつかめれば解ける問題でしたが、柔軟な発想力が求められます。

2016年の算数の過去問の大問3
大問3は円の円周を異なる速さで2点が移動するときの、再び重なり合う時間を問う問題でした。早さに関する規則性がつかめれば解ける問題です。

2016年の算数の過去問の大問4
三角形をベースとした平面図形問題です。30度と60度、90度の直角三角形を上手に作れるかどうかが正解できるかの分かれ目で、高い発想力が必要でした。